アーティストが住む「清島アパート」


ベップロさんが管理する別府駅から徒歩10分ほどにあるアパート「清島アパート」。
ここはレジデンス施設で、日本各地から公募で選ばれたクリエイターが住んで活動しているのです。

もともとは、2010年の混浴温泉世界がきっかけ。遠藤一郎さんと浦田琴恵さんがこのアパートを舞台にコーディネートした「わくわく混浴アパートメント」で、芸術祭期間中、多くの若手アーティストがここに集まり、作品制作と交流に明け暮れ、それが今、形を変えながらBEPPU PROJECTさん主導のもと今に至ってるという感じ。

そんなベップロさんから「清島アパートにゲストルームがあって、1泊1,000円だからしばらく泊まっていけば?」と言っていただいたので、泊まることに。

外観

なかなかイイ味出してます!

食堂ではみんなご飯時にはそれぞれ集まって話をしたり。

僕の部屋はこんな感じ。全然キレイ!しかも無線LAN完備!

近くに100円で入れる公衆浴場がたくさんあるので、部屋にお風呂ついてないのが結構標準なんですって。

別途書きますが、ここで僕結構葛藤というか心が揺れ動いたんですよ。
ガチガチのアーティストさんが住んでいて、こう尋問のように僕の活動を根掘り葉掘り聞かれてドライに格付けされたらどうしうよう・・・とか、住んでる人全員僕の活動に一切興味持ってくれなかったら翌日ここを後にしよう、とか。

いわゆる地方都市に住むしがない表現者の劣等感というか、アウェーで格付けされる恐怖というか。そういう変な感情に振り回されたんです。

でも結局住人のみなさん良い人ばかりで、受け入れてくださいました。
そんな清島アパートのHPはこちら

まさか5泊もするとは思ってなかったw

———————————————–
訪問日:2012年4月24日(火)PM
HP:http://beppuproject.com/kiyoshima/?page_id=54
———————————————–
→目次に戻る
→前ページ「ワニ100匹。別府地獄巡りの地獄っぷり!」【オススメ!】
→次ページ「ただただ別府でゆっくりと」