ただただ別府でゆっくりと(退職旅行記24日目)




4月25日(水) 別府 曇りのち雨
目次に戻る

アパートの向かいの幼稚園からの子供達の元気な声で目が覚める。
そうか、ガラスが薄いんだ。そして断熱材とかも壁に入ってないんだ。

北海道では死活問題の家の作りが、暖かい九州では特にこだわらないんだなぁと。多少隙間があっても大丈夫だしね。
家の作りがユルめだということを実感しました。

北海道を出て24日。思えば遠くに来たもんです。
この日は何もせず、ただただボーっと時間がすぎて行くのを楽しむ日にしました。

いつも何処かに行って、変な感情貰って、移動して・・・の繰り返しだったので、札幌の知り合いにメールしたり、撮った写真の整理したり、これからの旅の予定を組んでみたりと。

夕方には永石温泉に行ってきました。

本当に別府は温泉が日常にあるんですね。食べ物屋さんとかでも、その店でメシ食ったら店の裏の風呂に無料で入れる!とかありますしね。

夜はベップロの皆さんとご飯。

別府の名産をつまみながら、僕のキャラクターへのダメ出しと新ネタのアイディアをいただきました。本当にみんな面白い。アポロキャップとか。ヘアトニックとか。小川さんが素敵でした。今年の秋から札幌に戻ってスノーガーデニングのプロジェクトを始めるそうです!

その他にも、僕の非接触型風俗(ストリップ、覗き部屋など)のススメの話でもバカみたいに盛り上がり、楽しいひとときを過ごしました。

→目次に戻る
「 アーティストが住む「清島アパート」」
「見よ!アヒルの全力疾走「ラクテンチ」/前編」【オススメ!】