湯布院ブラブラまち歩き


まだ退職旅行記が終わってないので、もう上海にいるけど書いていきますね。
レッツアーカイビング!アーカイビング!

*************
4月27日 (金)別府~湯布院~別府 晴
移動距離:約58km
→目次に戻る

別府から動かなかった僕ですが、ツイッターで湯布院がいいよ!と武藤さんが薦めてくれた人が結構いたので、温泉街湯布院へ。そして夜は清島アパートの住人、渡辺美帆子さん主催のキンキヨ劇場なるものが行われました。

【湯布院】
結論から言うと、金鱗湖っていう観光地にも行かず、ぼんやりと温泉街のお土産物屋さんストリートを歩いてました。

作り込みすぎていない街並みが好感を持てます。

でもお土産物って似たり寄ったりなんですね。と、お金も残り少なくなってきたので消費欲を徹底的に抑える呪文を唱えます。

で、昭和館に。結局昭和に惹かれる僕です。中はこんな感じ。

等身大のジオラマっぽいです。

ただ、ちょっとキレイすぎるかなぁ。
個人的な趣味はもうちょっと平成寄りの昭和(バブル期)なので、軽く流す程度に。

ブラリ散歩を楽しんで駅前へ。
カッコイイパチンコ屋もありました。

もったいないなー。素敵なのに。時代の波か。
爆音と激しい演出効果でビカビカと光る台に惹かれてしまうのは自然の摂理なのかも。気分も上がるんだろうし。

関係ないけどこの頃から結構右肩が下がり始めて写真がちょいちょい傾いてます。
自覚無いから怖いんですよねw

湯布院の駅も素敵でした。これ磯崎新さんの建築。大分出身という事もあって大活躍。ここの建築は奇抜な感じもなく、しっくりきました。

帰りは再びヘビン湯へ。すっかりファンです。

———————————————–
訪問日:2012年4月27日(金)PM
———————————————–
→目次に戻る
→前ページ「別府山奥の秘湯「ヘビン湯」」
→次ページ「清島アパートのアーティストの皆さん」