松山城(退職旅行32日目)


*****************
5月3日(木) 松山~高松 晴れ
移動距離:約150km
→目次に戻る
*****************

昨日の雨から一転、青空が広がる松山の朝。
早く起きて目指すは松山城!

この日は松山城に行ってから香川もとい「うどん県」へ。
「こんぴらさん」とメガネの名店「隠れ屋1632」を訪れるのでした。

【松山城】
日本の現存12天守のうちの1つ、唯一天守閣に葵の紋をつけることが許された加藤嘉明の城。・・・と言っても歴史にも城にも疎いのであんま言わないようにします。間違ってたら嫌だし笑

山の上にあるのでロープウェイかリフトで中腹まで登ります。この感じは京都の天橋立ビューランド形式ですね。覚えてますか?降りたらそこから10分ほどでお城へ到着。

城や歴史的建造物は絶対ガイドさんについて行くという信条のもと、中年カップルが仲睦まじくガイドさんの話を聞いてるところに割り込むことに。

松山城の石垣は天守閣に近づけば近づくほど立派になっていくらしい。
ここで受け売りの豆知識をw
ちなみにこれ、天守閣の近くの石垣ですが、石に何か刻んであるの分かりますか?

これ、石垣を作った大工さんのサイン代わりのようなものらしくて、大きくなった息子に「父さん、ここの石垣作ったんやで」と言うためのもの・・・ではなくて、石が崩れたら担当した大工をフルボッコにするための目印だとか。えーマジ?こわっ!
GW初日ってこともあって、中には昔風な人が。
せっかくなので一緒に記念撮影しました。撮影は例のボランティアのおじいちゃん。

天気がいいと気持ちいいですね!

こういう細かいところにも職人の息吹を感じますね。

———————————————–
訪問日:2012年5月3日(木)AM
住 所:京都府宮津市字文珠437
公式HP : http://www.matsuyamajo.jp/
入場料:1,000円(モノレール往復乗車券代含む)
———————————————–
目次に戻る
→前ページ「瀬戸内の奇跡!「耕三寺」《後編》」【オススメ!】
→次ページ「厚着は死亡フラグ「こんぴらさん」」【オススメ!】