リアルラピュタ!?和歌山友ヶ島に上陸!《後編》(退職旅行35日目)


前編はコチラから

リアルラピュタと呼ばれる和歌山の友が島。
ここのメイン中のメイン、第三砲台跡に向かいます。上の写真は第四砲台跡。

雰囲気は第四のそれと近いのですが、広いんですよ。

やっぱり美しい弾薬庫。色んな角度からじっくり見て、そして撮りまくりました。


そしてこういう階段も・・・ふおおおおおおお!!!

砲台には、本当に真っ暗なトンネルを通って行かなきゃないんですが、薄明かりも電灯もありません。本当子供なら無くレベルで放置されていて、またそこがイイ!


冗談抜きでこの暗さ。人気が出て来るとここにも電灯設置されるんだろーなー。

そして砲台・・・!

第四砲台跡は、砲台の数も多いし、生えてる草が時間の経過を語ってくれて、手を加えてない周辺の環境もあいまって結構当時の様子を思い浮かべるのに一役買ってくれるんです。

実際にここが戦地になることはなく、ほぼ使われずに終わったということもあってこの保存状態。和歌山でここは本当オススメ!
緑にもいっぱい囲まれて素敵な時間を過ごせました。

———————————————–
訪問日:2012年5月6日(日)AM
船代:2,000円(往復)
———————————————–
→目次に戻る
→前ページ「リアルラピュタ!?和歌山友ヶ島に上陸!《前編》」【オススメ!】
→次ページ「恐ろしいほど人形づくし!淡島神社」【オススメ!】