平成初期のニュータウン!?和歌山大学周辺(退職旅行36日目)


*****************
5月7日(月) 和歌山〜大阪 雨のち晴れ
移動距離:約99.4km
→目次に戻る
*****************

一路和歌山大学へ。
その前に先ず問題のニュータウンの写真を1枚。
平成24年にこの雰囲気は「すごい」の一言。

くわしくは記事の後半で!

さてさて、今回講義をさせてもらうのは和歌山大学の観光学部。ここで非常勤講師をされている岡本健先生のお声掛けで実現した訳です。
僕がお話させていただいたのは午後イチの授業。GW明けなのにほとんどの学生さんが来ていました。と言っても履修しているのは24名の比較的小さなクラスなんですが。

数年前にできたばかりの観光学部棟の前でパチリ。

学生の皆さん相手に、僕が観光親善大使を務める「北の京芦別」プレゼンを。
僕が提案する「バブル観光」というのは、バブル期の一度終わってしまった文化を、ぐるりと一回りして当時の「資料」としてポジティブ思考で楽しみまくろう!という、消費者が勝手に付加価値を付けて勝手に楽しんで行く観光のこと。

「時代遅れ」を「未だ現存するバブル」に置き換えると、不思議なことにありがた〜く感じるんですよね。懐かしむだけじゃなく、未来も見えて来る。
そんなことをこのブログの親善大使ページにも書いてありますので、気になる方はぜひご一読をw

事前に「みんな大人しいけど、よく聞いてますから」と岡本先生から聞いていた通り、静か。いつもは笑いが起こるところでもクスクスっと。なかなか手強かったんですが、後半はちゃんと笑ってくれました。よかったー

終わり良ければすべて良し、ということで、感想メモを見せてもらったら皆さんきちんと感動してくれていました。素直に喜んでおくことにしますw

岡本先生と記念写真。

そして和歌山大学周辺のニュータウン!
2012年5月現在、建設中なのですが・・・今の時代にはそぐわないようなイタリアンテイストでした!
ジャーン!

彫刻なんかもあります。

ジャーン!

ジャジャーン!

ジャジャジャーン!

ゾーっとしてきます。まだ人の気配も少なく、かなりアナザーワールド臭を感じましたが、これから大型ショッピングセンターやら駅の整備もできるとのこと。楽しみです!

夜は大阪に入り、大学時代お世話になった阿部橋筋商店会の会長とお話して、さらに母校の学科長と久々の再開をし、晩ご飯をご馳走になりました。
結構真面目にこれからのこととか、学科のこと、大学のことなどお話しました。
励まされました。まだまだ頑張ろうと思いました。

→目次に戻る
→前ページ「恐ろしいほど人形づくし!淡島神社」【オススメ!】
→次ページ「京都でアンパンマン遊び」【オススメ!】