北九州ローカル!旦過市場の大學堂(退職旅行記17日目)


4月18日(水)小倉 晴れ
移動距離:約24km
→目次に戻る

産業遺産マップというものが北九州にあるとのことで、そのマップを手に入れて色々見て回ろうともう1日小倉に居ることに。
北九州イノベーションギャラリーというところに行って、マップを確保するものの、開いてみると・・・あれ?

歴史的建造物が多く、いわゆる廃墟や工場跡の情報は載ってない・・・。ちょっと想像していたのと違ったので、一気に1日の予定が消え失せる。ブラブラと駅前周辺を歩くことにしようとしたら、リバーウォークの前で北九州芸術劇場の宮崎さんにバッタリ。

駅から歩いていける距離にある「北九州の台所」こと旦過市場(たんがいちば)に大學堂という店があって、そこが面白いという情報を貰えたので向かうことに。

▽旦過市場の北側入口

【大學堂】
▽商店街の中に突然現れます。


▽店内は和風というか、昭和スタイルで居心地がいい

ここは北九州市立大学の文化人類学のゼミが市場の中に作った食堂。産学連携の一環で、名物の「大學丼」の仕組みが面白い。

▽システムはイラストで書いてある。マンガもありましたよー

そこでは200円で白米の入った丼を買う。そして丼の具を市場の中から好きなものを選んで載せてもらうという、オリジナル丼。

都度清算ですが、市場の方も大學丼のことは知っているので色々よくしてくれる。糠味噌漬けや鯨肉なども売っているので、そういう名物を載せてもらえる。

出来上がったのがこちら。

僕、肉食べないのですが、ついつい頼んでしまいました。鯨肉。

▽「うちの鯨肉はうめぇぞ!」と激プッシュのおっちゃん。

市場を舞台にしたバイキングレストラン。この発想は初めてだったので感心しました。店番は大学生が2人居て、色々成り立ちのお話もしてくれました。
結構ローカルな話題ですが、興味のある方はどうぞ。

———————————————–
訪問日:2012年4月18日(水)PM
住 所:福岡県北九州市小倉北区魚町4丁目2-18
大學丼:800円(白米+鯨肉+サバの糠味噌漬け)
———————————————–
→目次に戻る
→前ページ「風呂上がりの大衆演劇!あっぱれ!」
→次ページ「水環境館と、夜の北九州」