福岡観光!観劇!もつ鍋!屋台!


→目次に戻る

福岡では、2月に名古屋で知り合った七緒さんに案内をしてもらいました。七緒さんは制作修団プレアデスの代表でもあり、福岡の劇団さんやコンテンポラリーダンスの公演のサポートや制作などをやっている方です。いやはや、ありがとうございます!

福岡の劇団御用達のリーズナブル劇場「ぽんプラザ」や「櫛田神社」、「アクロス」や「冷泉荘」なども案内してもらい、劇場多いなぁーとひとしきり感動。

そして途中韓国までフェリーで1万円切ってる旅行広告を見てびっくり。そうか、福岡からなら大阪行くより釜山の方が近いんだなぁと実感しました。本当外国近いのね。パスポート持って来れば良かったわー。

そして19時半からは福岡演劇フェスティバルの開幕作品、人気上昇中の愛知の劇団「劇団ままごと」の「あゆみ」という作品を鑑賞。
劇作家の柴幸男さんは、岸田戯曲賞という権威ある劇作家のための賞を受賞した方なんです。

初めて見ました。よくもまぁここまで緻密に女性の心理を描けてるなぁというのが感想。女性の一生を、生まれてから結婚し女の子を産み、母親として女の子を育てていくところまで描き、それを8人女性のみのキャストでテンポ良く、セリフのユニゾンなども混ぜ合わせて描くお芝居。

楽しかったです。ストーリーとしては、特に特殊な感じでは無いものの、先述のような女性の心理描写がびっくりするほど的確で、ただただ感心するばかり。女性が見たらきっと感動しちゃいますよ!

———————————————–
訪問日:2012年4月19日(木)PM
住 所:イムズホール/福岡県福岡市中央区天神1丁目7-11 9F
観劇料:3,500円
———————————————–

その後はもつ鍋!

ほんでイタリア風屋台!

福岡で舞台やっている立石さんや三坂さん、田坂さんも加わってくれて、とても美味しく楽しい時間を過ごすことができました。
みんな変な人だったなぁ。立石さんは落語もやってて、4人落語なんて曲芸もやるとか。三坂さんの劇団も田坂さんの劇団も見てみたいなぁ。

素敵な時間をありがとうございました!

→目次に戻る
「大衆演劇の聖地「嘉穂劇場」を見学」
「佐賀の宝「嬉野観光秘宝館」」