【一旦活動中止】札幌ハプニング



札幌ハプニングの活動を一時休止することにしました。
僕と劇作家・演出家の弦巻啓太さん(弦巻楽団)が中心になり、2008年夏に結成、2009年4月に「食パンダッシュ」でスタートさせたこのプロジェクトも、昨年11月の「夜露死苦!スクールデイズ」で10回を数えました。

この間色んな人たちに助けられ、支えられ、何より参加していただいて ここまでやってこれました。まずは皆様、本当にありがとうございました。

なんでかっていうのはブログにも書きましたが、今後しばらく僕がやんごとなき事情で国を追われたので、チームでの活動ができなくなるっていう、そういう話です。
いずれ体制を整えて、さらにパワーアップして復活させたいと思っています。まだまだ実現できていない企画が沢山あるのです。例えば・・・
続きを読む

短編演劇祭が終わりました!


短編演劇祭、無事終了しました。

予選の熱演から始まり、昨日の決勝戦はさらなる熱気に包まれて。
とは言え会場はすごく暖かく、結果はイレブン☆ナインさんの圧勝となりましたが観客の皆さんの「いいもの見た」という満足感がステージ上にも伝わって来る、そんな教文小ホールでした。

僕は今回MCを務めさせていただきました。
こういう大会のMCは初めてだったので、どうしたもんかなぁと試行錯誤でしたが、間つなぎの「動物トリビア」が思ったより気に入っていただけたようで胸を撫で下ろしています。笑

短編演劇祭は、僕が教文1年生の時に始まった企画でした。
教文演劇フェスティバルの実行委員長の齋藤さんが、ほぼ独断で始めたこの企画。
演フェスのメイン企画にしようと、第2回から公募にして色々な方の協力を得ながら発展してきて、今回の5回目。

本当に年々出場チームのクオリティが上がり、こんなにも愛される企画になったことは、僕は教文を離れはしましたが、ただただ喜ばしい限りです。

全てのチームの熱演をしっかり見れた訳ではないのですが、特に決勝はどのチームも優劣つけ難く、

最高の中2魂を見せつけ、客席を差し置いて全力疾走した「オイスターズ」
若い劇団とは思えないほど安定した演技で会場を沸かせた「劇団アトリエ」
巧みな構成で短編演劇の可能性を広げてくれた「TBGS.」
圧倒的な作り込みと王道の笑いで会場を盛り上げた「イレブン☆ナイン」

どのチームが優勝してもおかしくないくらいの作品を上演してくださいました。
劇に優劣をつけるのはどうかという意見もあるとは思いますが、大人による、大人げないほど本気の戦いだからこそ、ここまで盛り上がったのではないでしょうか。そんなことを、舞台袖で見ながら考えていました。

投票のシステムについても、ツイッターで様々な提案が出ていました。
また来年、それら含めて進化した教文短編演劇祭が見れることを祈って。

ご来場いただいた皆さん、応援してくださったみなさん、宣伝協力いただいた皆さん、審査員としてお越し頂いた泊篤志さん、木原くみこさん、出演者のみなさん、そしてスタッフのみなさん。
本当にありがとうございました!そしてお疲れさまでした!

残念ながら今日は月曜平日。今週も頑張りましょう!

短編演劇祭を推す3つの理由!


札幌の皆さん!北海道の皆さん!
ちょっと涼しくなって落ち着いたりしちゃっていませんか?
札幌の夏はまだまだ終わっていません!何故なら

短 編 演 劇 祭 !!

があるからです!
毎年夏に、札幌市教育文化会館を舞台に行われている演劇の祭典「教文演劇フェスティバル」!

その目玉人気企画が今週末、8月18、19日に行われる「短編演劇祭」です。 

ズバリ!短編演劇祭の特徴はこの3つ!

1.上演時間がたった20分!
一般的な演劇は1時間や2時間というのが通常の長さ。
しかし短編と言うくらいですもの。20分です。
20分と言えば、キリンの一日の睡眠時間ですよ!?そんな20分に凝縮された作品は、演劇初めての方も楽しく見られる長さのはずです!

2.1公演で4チームを一気見できる!
1チームあたり20分なのですが、それが一気に4チーム立て続けに見られます!
演劇のハシゴしようと思っても4チームを一気に見るというのはなかなか難しい。でも短編演劇祭なら可能です!個性溢れる色々なジャンル、今年なら恋愛ものもあれば、殺陣もある、ちょっと下品なものから、大人のお話、心底笑える話まで本当にバラエティ豊かです!これを機に是非演劇の世界を覗いてみてください!きっと演劇が好きになる!?

3.勝敗を分けるのは「観客投票」!
4チームの作品を一気に見て頂いた後は、皆さんに投票していただきます!
そうなんです!土曜日の予選は、投票で1位になったチームが決勝に行けます!
予選はAブロックBブロックの2つがあって、それぞれ1チームずつ進出。
決勝にはディフェンディングチャンピオンの「イレブン☆ナイン」と、愛知県の短編演劇祭「劇王」の王者・平塚直隆さん率いる「オイスターズ」がシードで迎え撃ちます。
決勝戦も観客投票で勝敗が決まります!果たして・・・!?

気になる出場チームの情報や、詳しいシステムは教文演劇フェスティバル公式ホームページでご確認いただけます!そこから予約もできます!

何より安いです!
予選はたった800円!(前売当日変わらず)
決勝でも前売料金1,200円!(当日1,500円)
これはもう価格崩壊もいいとこです!お得です!

各出場チームの一言コメントも、Facebookのページでどなたでもご覧になることができます!(「参加する」ボタンを押しても予約されたことにはならないので必ず別途ご予約をお願いします)

言っちゃいますけど、決勝戦が面白いのは当たり前!
なので予選から白熱のバトルが繰り広げられる事になるでしょう。
北海道内だけではなく、大阪と東京からもエントリーのある本体会。

王者「イレブン☆ナイン」の三連覇はあるのか!?
はたまた新たなチャンピオンが現れるのか!?

コレを見ずして蝦夷の夏は終われない!
そして僕はこの大会のMCを務めさせていただきます。喋ります!

さあ是非今週末は教文でお会いしましょう!

教文演劇フェスティバル2012
短編演劇祭
会場:札幌市教育文化会館 小ホール(札幌市中央区北1西13)

【予選】前売/当日 800円
Aブロック/8月18日(土)14時開演
劇団『風蝕異人街』、劇団アトリエ、Bee Hive、オパンポン創造社
Bブロック/8月18日(土)18時開演
パセリス、大人の事情協議会、words of hearts、TBGS.

【決勝】前売/1,200円 当日/1,500円
8月19日(日)14時開演
イレブン☆ナイン、オイスターズ、Aブロック勝者、Bブロック勝者

お問合せ:教文演劇フェスティバル実行委員会事務局
TEL. 011-271-5822 Mail. en_fes_mail@yahoo.co.jp  Twitter. @en_fes

6/9,10「天国への会談」


今日は旅のレポートをお休みして今週末のお芝居の話をさせてください。

以前も稽古のレポートを書きましたが、演劇公演に出ます!初役者です!
しかも札幌でも屈指の人気を誇る「イレブン☆ナイン」さんの公演に。しかも話の軸となる5人の役のうちの1人として・・・

こらぁすごいことなんですよ?

これがどんだけ凄いかと言うとですね、
続きを読む

納谷さんに騙された話


演劇って、皆さん観たことありますか?
劇場とかでやる、アレです。

僕は前の仕事柄、よく札幌の演劇は観に行ってますし、仕事で演劇の制作(裏方・プロデュース)もやりましたが、出たことは無くて。一度人足りなくてちょっと出たことがあるくらいで。

この度退職しまして、退職の挨拶を各方面にメールしていたらお返事もいただきまして、 その中の一人が富良野塾出身で演劇ユニットイレブン☆ナイン代表の「納谷真大さん(44)」だったんですね。


↑納谷さん

続きを読む