瀬戸内の奇跡!「耕三寺」《中編》(退職旅行31日目)


「耕三寺」中編

***********
5月1日(火)PM
→目次に戻る →前編を見る
***********

瀬戸内に浮かぶ奇跡のお寺「耕三寺」
「五重塔」「平等院鳳凰堂」「日光陽明門」などの模倣建築が乱立しているという突き抜けっぷりですが、ここからはオリジナルコンテンツの紹介です。

前回ちょっと触れた、全長350mの洞窟「千仏洞」の内部レポートです。
長いだけじゃなく、1,000体の仏像が安置されているとのこと。その光景を想像しただけでも胸も高鳴ります。そして僕が好きなスポットは、いつもその想像を上回ってくれるんです。

洞窟入ってまず目にしたのが、これ。


地獄絵図です。しかも半立体のレリーフ。。

先制パンチに面食らいましたが、これが何かというと、

地獄の紹介です。まずは地獄の恐ろしさを味わって頂きましょうということなのか。
この他にも地獄名画が続きます。

何なんでしょう、このうつろな表情。。
全然楽しそうに見えないあたりが地獄ですね。
続いての絵も、すごい表情です・・・


・・・

!!

せっかく誕生したのに・・・。
地獄って怖ぇぇぇ。

こうやって心が疲弊して仏様ににすがりたい気持ちで洞窟の中を進むと、素晴らしいタイミングで1000体の仏様が眼前に徐々に現れてきます。


急に空間が開けて高い天井のスペースに出たと思うと、このように空間全体に広がる仏様。

洞窟からの削り出しでは無いのですが、本当に沢山の仏様がいらっしゃいます。

極めつけはこの光景。

圧巻の一言。すごい空間です本当に。参っちゃいます。
この凄さは、是非一度現場で体験して頂きたいです。写真の80倍はすごいです!

そして最後まで手を抜きません。
この洞窟の出口で待ち構えているのが・・・


観音様!

 

粋ですよね、全く。地獄の苦しみもどこへやら。
生まれ変わった心地になります。

 

ね?耕三寺さん、素敵でしょ?
ここまでやっておきながら、まだ持ってるんです。

もうお腹いっぱいなのに、まだ「ごちそう」を食べさせてくれるんです。

そのとどめの「ごちそう」が・・・

「未来心の丘」!

どんなもんだろうと階段を登ると、そこにはお寺とは思えない想像を超える景色が・・・

続きをみる

→目次に戻る
→前ページ「瀬戸内の奇跡!「耕三寺」《前編》」【オススメ!】