リアルラピュタ!?和歌山友ヶ島に上陸!《前編》(退職旅行35日目)


*****************
5月6日(日) 和歌山 雨のち晴れ
移動距離:約24km
→目次に戻る
*****************

今回の旅では、いささか怪しいスポットやベタな観光地をまわって来たのですが、大根島の廃船ばりに幻想的なスポットが和歌山にもあるということで、行ってきました。

友ヶ島と言う無人島なのですが、ネットで調べるとすぐ出てきます。
なんとここ、スタジオジブリの「天空の城ラピュタ」さながらの風景が見られるとのこと!そりゃ行きますって!

【友ヶ島】
和歌山市の加太港から、1時間に1本ある50人乗りくらいの船に乗って20分。無人島の友ヶ島に上陸します。友ヶ島の港には、売店やトイレなどがちょろっとあるくらいです。笑 瀬戸内の犬島みたい。

友ヶ島は4つの島からなっていて、一番大きい沖ノ島がメインのスポットです。

実はここ、明治時代の日本軍が作った砲台の跡が残る島なんです。
時が経ち、ほぼ手つかずの砲台やその他の施設が緑に浸食されて「ラピュタ」と呼ばれるようになったようです。歩道も舗装されてません。

メインとなる5つの砲台跡の他にも探照所や聴音所の跡もあり、全部回ろうとすると半日くらいはかかっちゃうかも。
今回は有名な「第三砲台跡」と、「第四砲台跡」「探照灯跡」を見てきました。

港からてくてく第四砲台跡を目指し山道を登ると、こんな光景が。絶句!

左側にあるのは、弾薬庫です。日曜だというのに、この静けさ。素晴らしい!
反対側からもパチリと。
なんですかこの世界観・・・朝とかかっこよさそうだなぁ。

真っ暗な弾薬庫の中は空っぽでした。レンガの組み方が美しい。。

ちょっと離れたとこにある砲台跡。階段の無い坂道を登って行かないとお目にかかれません。本当にそのままの状態を楽しむことができます。


そしてRPGとかダンジョンとか好きな人間にはたまらないこんな階段!

入れないところには立ち入り禁止のテープなりロープがあるのですが、ここにはありません。入ってもいいんです・・・!ゾクゾクしちゃいますね。

ちなみに中は真っ暗です。僕は灯りを持ってなかったのでおめおめと引き返してきました。灯り無いと怖いだけです。ひんやりしてるし!
そうそう、せっかく凄く良いロケーションなのに、ゴミが結構崖の下とかに捨ててあるんです…。捨てるなよまったく!無人島でキャンプができる島なんですが、ゴミは面倒でも持ち帰りましょう!
そして2つ目の目的地、探照灯跡を目指して道なき道を歩いて行きます・・・

そして到着!

これだけなんですけど、かっこよすぎるでしょ。


もうほんと、かっこよすぎるでしょ、友ヶ島。

そして、これらを上回る第三砲台跡に向かいます。

《和歌山友ヶ島に上陸!後編へ

→目次に戻る
→前ページ「徳島港でiPad割れる」